スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←惚れた方が負け →【narack様へ】入江くんイラスト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png サイト案内
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手返信
もくじ  3kaku_s_L.png 高校
もくじ  3kaku_s_L.png 大学:結婚前
もくじ  3kaku_s_L.png 大学:結婚後
もくじ  3kaku_s_L.png 大学卒業後
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物&捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 【IF】 cursed me
  • 【惚れた方が負け】へ
  • 【【narack様へ】入江くんイラスト】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

大学:結婚後

prince or princess

 ←惚れた方が負け →【narack様へ】入江くんイラスト

ギャグです。
入江くんは王子様!って人は見ない方がいいです。






「だから!入江くんはあたしの王子様なの!」

直樹との出会い、生活、そして結婚…
そんな思い出話をしながら、幹、鴨狩、真里奈、智子の
いつものメンバーと入江宅のリビングにてグループ課題をしていた。

「入江くんみたいな素敵な人があたしの旦那様…小さい頃から夢見てた運命の出会いだったのよ!」

琴子はキャッと、両手で頬を押さえ赤くなってにやけている。

「琴子はいつもおめでたいわね」

幹が溜息をつきながらパラパラと資料を見ている。
もう馴れているとばかりに琴子の奇行を横目に見ると、早くやりなさいよ!と急かした。

「琴子、コーヒーくれ。」
「あっ!うん!!」

そこに、二階から降りてきた直樹が声をかける。
琴子は立ち上がるとぱたぱたとキッチンにかけて行った。

それにしても、ラフなシャツにジーンズだけなのだが、この男はなんでこうも様になるのか。
男っぽい長い指で髪をかきあげると、ちらりと課題の内容に目をやり、直樹はふーんとつまらなさそうにソファに座った。

「入江さんは本当に王子様って言葉が違和感無いわよね。というかピッタリというか。かっこいいわよねぇ…」

うっとりと幹がテーブルに肘をつき、ほう…と溜息をついた。

「そうね。でも…」

そこに智子が首を傾げながら水を刺す。

「どちらかというと、琴子さんと一緒に居る時は立場的にはお姫様な気がするわ。」

にっこりと楽しそうに笑いながらそんな事をきっぱりと言った。

「「「「お、お姫様ァァ?!」」」」

思わずそこに居たメンツが皆ハモってしまう。
そして何よりも直樹が、ありえないほどに顔を引きつらせて、軽くソファからずり落ちている。
直樹からすると、女装、お姫様は小さい頃のトラウマを引っ張り出されるタブーだ。
そんな疑われるような事は一切していないし、そんな事を言われるのも正直小さい頃ぶりだった。

そんな事も知らずに、琴子がコーヒーを直樹に持って来る。
しかし智子の可愛らしい唇は言葉を紡いで止まらない。

「だって、王子様ってお姫様を迎えにいくものでしょ?告白したのも琴子さんで、追いかけてたのも琴子さんだし。」

あ、でも入江さんの性格からすると、どちらかというと女王様かもしれないわと智子はふふふと目を細める。
一瞬うーんと考え込み、確かにそう言われればそうだと全員が頷く。直樹だけがいまだショックから立ち直れないのか言葉には出さないが目を見開いて眉を寄せていた。

琴子は何の話をしているのかわからず、ん?と訝しげな顔をしている。

「どちらかというと、琴子さんが王子様よね。立場として。」
「あたしが王子様ー?!えっ、何のこと?!入江くんやっぱりお姫様になりたかったの?!」
「なりてーわけねーだろ!!やっぱりってなんだよ!」
「あ…あたし…入江くんなら命に代えても守ってみせるよ!安心して!」
「なんでそこで意気込んでるんだよ!おかしいだろ!」

軽い冗談のつもりなのに声を荒げる直樹と琴子のやり取りを見て、やっぱり王子は琴子なんじゃないのかと全員が苦笑している。
そしてこんなに必死な直樹を見ることがまず珍しく、微笑ましいなぁと口元が緩む。

「そうだ!啓太も入江さんも、今度有るクラブイベントに行きません?ドレスコードは『女装』なんですけど」

幹が楽しそうに笑っている。

「「絶対行くわけねーだろ!」」

いきなりのリアルな提案に啓太と直樹はギッと幹を睨みつける。
おーこわい、とふざける幹に対して、琴子は興味しんしんだ。

「何ソレ!男の人しか行けないの?」
「ううん、その日のドレスコードが男は女装ってだけで、女は気にしなくていいのよ。」
「わー!気になる!入江くんはそりゃあ行けないだろうけど、モトちゃんが行くんだったら行ってみたい!」
「却下!お前はそんな所に行く暇が有るんだったら勉強しろ!!」

ガツンと直樹の手刀が琴子の頭に入る。痛い!と琴子は涙目でぶすくれた。


(暗がりのフェティッシュ系クラブイベントに琴子を自分なしで連れて行くなんて、そりゃあ嫉妬深い入江さんからしたら問題外よね。)

幹はふと思う。これを強行突破させたら、もしかして直樹は女装でもなんでもしてついて来てくれるんじゃないだろうかと。まあ、ありえないかしらと思いつつ、とりあえず啓太をどうにかして引っ張っていけないかとほくそ笑んだ。




「お前ら!ちゃんと課題しないなら帰れ!!!!」

そんな全員が課題への集中力を欠いたリビングに、直樹の声が空しく響くのだった。



____________


これは『【IF】cursed me』の前身というか、書くきっかけとなった文になります。
下書き保存したまんまで上げるの忘れてました。
(新しいのを書き上げる時間が無かったとも言う)


まだ男がバレる前、小さい頃はちやほやされるの大好きだった入江くん。
今も琴子に追いかけられるの大好き入江くんって事で、
もうあえてのタブーを破って(このブログでは今更だけど)
入江くんお姫様説をぶん投げていきますね。

我ながら真面目な話とそうじゃないのの差が激しすぎる。



関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png サイト案内
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手返信
もくじ  3kaku_s_L.png 高校
もくじ  3kaku_s_L.png 大学:結婚前
もくじ  3kaku_s_L.png 大学:結婚後
もくじ  3kaku_s_L.png 大学卒業後
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物&捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 【IF】 cursed me
  • 【惚れた方が負け】へ
  • 【【narack様へ】入江くんイラスト】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【惚れた方が負け】へ
  • 【【narack様へ】入江くんイラスト】へ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。